桜井ショージ 63歳。職業 建設作業員。杉山タカオ 64歳。職業 造園業。 何かにつけて2人は対照的。2人はライバル。そして共通点は、ごくフツーのおじさん…? いや違う。フツーのおじさんになりたかったのに、なれなかった。布川事件の殺人犯とされ、逮捕された当時、2人はやんちゃ盛りの20歳と21歳。無茶もしたし、品行方正な青年では確かになかったけれど…。1996年11月12日と14日。それぞれ仮釈放されたショージとタカオは29年ぶりに堀の外に出る。ある縁がきっかけで、「殺人犯」というレッテルを背負いながらも、沈痛や悲壮さをあまり見せない、なんとも前向きな2人に興味を持った映像ディレクターの井手は、仮釈放から2010年の夏までを、そのカメラに収めた。 本業との両立の困難さから途中、間が空いたことも、記録を止めようかと思った時期もあったというが、2008年、東京高裁が2人の裁判のやりなおしを支持したことを機に、映画の完成を目指して、2年の歳月をかけて編集。重いテーマであるにもかかわらず、ひとつひとつの心の機微を救い上げるような丁寧な映像と、ときにコミカルでさえあるユーモアをテンポよく織り交ぜ、158分という長編ながらも、エンドロールまで一気に魅せる力を備えた良質なドキュメンタリーへと仕上げた。大きなプレッシャーを背負いながらも、フツーの人生を歩むため、自らの無罪を勝ち取るために、ひとつひとつハードルを乗り越えていく2人のポジティヴな姿勢にどれだけ勇気づけられるだろうか。14年分の映像が投げかけるメッセージを、きっと、それぞれが、それぞれの方法で感じるだろう。  冤罪、自白、日本の警察や検察、司法制度、仕事、幸せ、怒り、笑い、フツーに暮らすということ…、実に「人間」臭いショージとタカオ。愛すべき2人のおじさんの「めげない姿」から、あなたは何を見るだろう。どんなことがあろうとも、めげず、あきらめず、立ち止まらなければ、人生は最後の瞬間まで続くのだ。

トップへ

トップへ

トップへ

トップへ

布川事件詳細はこちら

トップへ

Copyright (C) 2011 shoji& takao All Rights Reserved . 制作:ラフラ